前世の法則 その7. 前世の男女比率

前世の法則

今回は前世の男女比率についてです。

前世の法則 その5. 右半身は男性の過去世、左半身は女性の過去世

では、左側が女性、右側が男性を意味しているという事を記載しました。

例えば、左半身に身体の痛みがある場合は女性の過去世にカルマが残っている事が多く、右半身に痛みがある場合は男性の過去世にカルマが残っている事が多いのです。また両方痛む場合は、男女共に過去世にカルマが残っています。

また、自身の右側は父方の守護霊やご先祖様が付いている事が多く、左手が母方の守護霊やご先祖様が付いている事が多いです。

さて、この次に気になるのが、自身の過去世が男女の比率がどんな感じだったか気になってくると思います。

今世では女性なのに前世では男性が多いのでは?ですとか、今世では男性なのに女性が多いのでは?ですとか、ですね。

ちなみにヒーラーさんや占い師さんによっても、ライフレコードの見え方も違います。
ですから、今世が女性なら女性の前世ばかり見える人ですとか、今世が男性なら前世は男性しか見えないヒーラーさんもいるようです。

しかし、私が感じるライフレコードはどの方もやはり男性女性、それなりにバランスよく分かれています。

1.前世の男女比率

Ⅰ.前世が男女比率が半々という事はまず無い。

前世の男女比率ですが、ひとまず絶対に無さそうなのが、

半々ですね。

必ず男女どちらかに偏りがあります。

ひょっとして、動物時代から遡ると半々に近づいていくのかと思うのですが、案外そうでもないようです。

どうも、どちらかに偏っている感じです。

Ⅱ.最も多いのは片方が60%~70%の比率

多くの人の前世は、男性、女性どちらかが60%~70%の比率を占めます。もう1つがほぼその逆です。
これが一番多いですね。

男性が多いか、女性が多いかはその人の性格による所が一番大きいようです。

ちなみに私もこのボリュームゾーンに入り、意外にも多いのは女性の前世です。

Ⅲ.片側に偏っていても75%位まで

中には男性の前世が多い人、女性の前世が多い人もいます。
片側の性別が多い場合でも最大でも75%位のようです。

性別の割合が9対1、8対2、という事はないようです。

Ⅳ.中性的な人でもどちらかに偏っている(55%は越えている)

また、中世的な人も勿論います。
中性的な人でも男性か女性かどちらかに偏っているようです。
どちらかは55%は越えている事が多いようです。

ちなみに性別の片側が55%~60%位の人はあんまり出会った経験がありません。

Ⅴ.両性や性別の無い前世もある

現代の3次元地球では、基本的にはどちらかの性別である事が殆どですが、前世では必ずしもこの地球であると決まっていません。

この場合、両性具有であったり、そもそも性別が無い前世もあります。

例えば、精霊界では男女がある世界もある一方、無い世界もあります。

ですから必ずしも男女のどちらかとしてカウントできるとは決まっていないのです。

2.現代の性別における傾向

Ⅰ.前世で女性が多い人は男性に、前世で男性が多い人は女性に生まれてきている人が多い

前世で男性が多い人はやっぱり今世でも男性に、前世で女性が多い人がやっぱり今世でも女性に生まれている人が、確率論的には多くなるはずです。基本はそのはずです。

ですが、この現代では、どうもこの傾向があてはまらないように思えます。

前世が女性が多い人は今世では男性に。前世で男性が多い人は今世では女性に生まれているケース。
これが相当に多いです。

現在、同性愛の認知も進んでいることがありますが、1つ前世的な理由としては、上記の理由がありそうです。

ちなみに同性愛者は転生回数がそこそこ進んでいる人に多いようです。フェーズ3~4に多いと見ています。同性愛者(バイセクシャル含む)はどちらかと言えば転生後半に経験する事が多く、魂が進んでいる傾向があるとみています。

同性愛は、一応誰でも経験するようです。これまでの前世でまだでしたら、恐らく未来世で経験するでしょう。

現代でこそ同性愛に寛容な地域が増えてきましたが、できればいつの時代にも寛容であってほしいと思っています。

Ⅱ.カルマが多い方の性別に生まれてきている

現代がそもそも特殊な時代ですが、これまでのカルマが残っているのが多い方の性別に生まれてきている事が多いです。

ですから、男性なら右半身に痛みを持つ傾向がありますし、女性なら左半身に痛みを持つ傾向があると見ています。(勿論、全ての人がそうでは無いですけどね)

3.本人の意思と前世の性別と連動する?

これはほぼ間違いないと思っています。

基本的には、どうも本人の意思が尊重されていそうです。

つまり、男性になりたい。という人は男性の前世が多いです。
また、女性になりたい。という人は女性の前世が多いです。

転生の途中からもう1つの性別が面白いだとか、好きになる事もあると思いますが、基本的には好きな性別の方が多いです。

まあ、懐かしいというのもあるでしょうし、やっぱり好きな方の性別の前世が多くて普通だと思います。

4.前世療法でよくある、一方の前世ばかり続く理由

前世療法でも同一性別の前世しか見えない事が多いと思います。
何度も遡っても、同じ性別ばかりのような事って結構多いと思います。

実際私の場合でも、前世ヒーリングでは男性ばかりです。
というより右半身ばかり痛むのでどうしても男性なんですけどね。

このように、カルマが残っている、課題が残っているのは概ね片側の性別の事が多く、特に今世の性別である事が多いのです。

ですから、女性の方が前世療法や前世ヒーリングを受けても、女性ばっかりだから、ずっと女性なんだ。というのは違うという事なのです。これは男性でも同じです。

もう1つ考えられるのが、あえて同一性別ばかりの前世を優先的に見せているのかもしれません。余計な混乱を招く可能性があるからです。

<<前に戻る
>>次に進む
カテゴリートップへ戻る
前世の法則トップに戻る

タイトルとURLをコピーしました