3.2018年11月 覚醒

1.2018年11月2日 前世の自分と会話できる先生に出会う。

さて、11月頭にその先生とお会いする事になりました。

過去世の見方は先生によって本当にバラバラでしたが、今回の先生は

身体の痛む部分に触れる事で過去世をリーディングしていく

というものです。

それともっと驚きの事がありました。

なんと、過去世の自分と話ができるのですね。

また、こちらの思った事を過去世の自分にも伝達する事ができるのです。

さらに、占い師さんは過去世の自分の思いだけでなく、その時代の状況も説明してくださるのです。

この経験には正直驚きました。

・・・で実際にしてみた所、やっぱり自身の過去世である事がリアルに感じれます。
もう、これは感覚の問題ですね。

詳細は
前世療法体験談 vol.1 前世ヒーリングの流れ 三国時代中国の前世
にもありますので、是非読んでみてください。

2.2018年11月7日 鎌倉時代の自分が浄化され、今世の負の感情が解消、さらに右肩の痛みが大きく無くなる。

次はその約1週間後にお会いしました。

この時には鎌倉時代の前世の自分に出会います。
この時は、兄弟の裏切りがテーマでした。

前世の自分と会話し、その結果、前世の自分は裏切り行為の背景が時代の流れでは当たり前でしたが、現代の立場から説得すると、前世の自分は得し、同時に私自身も納得できたのです。

原因は時代の流れ。

裏切り行為についても相手の立場上ですとか、そういったやむを得ない事情まで考慮できるようになったのですね。

その結果、今世の負の感情が一気に無くなったのです。

ここで最初にあった2016年の裏切り行為について、許せる。とまでいきませんが、少なくとも恨みの感情、憎しみの感情はなくなったのです。

つまり、前世から続いていた問題でもあったのですね。

今世だけではどうしても納得できない理不尽なこと。

その殆どは、やはり前世に原因があるのです。

そして、負の感情が1つ消えたのです。

また、同時に肩の痛みも一気に無くなりました。負の感情は身体にも刻まれているのです。ここまで変化が起きるとは当初思ってもいませんでしたが、これには驚きました。

詳細については、

前世療法体験談 vol.2 裏切りの和解 鎌倉時代 京都の前世

に記載しております。

この時のヒーリングが終わった後には、占い師さんからオーラがかなり大きくなったと言われました。
数十センチ程のサイズ、約倍くらいになったというでした。

しかし、これだけでは終わりませんでした。
本格的な浄化はまだあったのです。

3.2018年11月15日 覚醒

この時は、一気に過去世の自分を浄化する事になります。

結局は愛の喪失から全て始まっていた事が判ったのです。

これが複数回の過去世に連なっていたのですね。
これは感覚から判りました。

この問題は人として生まれてきた転生からずっと続いていた問題だったのです。

詳細は、3回目の自分について記載する予定です。

前回の時はオーラの大きさが変わりましたが、今回はさらなるオーラの大きさだけでなく、色が白色に変化したのです。

この事により自身の覚醒が一気に進みました。

<<前に戻る
>>次に進む
プロフィールに
戻る
前世の法則トップに戻る

タイトルとURLをコピーしました