1.霊能者さんとの出会い

1.若い頃(33歳くらいまで)

若い頃、私は、占い師さんというより、どちらかと言えば易学的なものに興味持っていました。
例えば、四柱推命といったものは統計学としてこれはかなり当っていましたし(と言っても80%程ですが)統計学タイプのものは信じる方でした。

霊感はそれ程あった訳でもありません。平均よりはある程度でしょうか。(あるといえばあったのかもしれませんが)

一方で、霊的なものについては小中学生までは信じていましたが、ある頃から霊的なものを否定し始めます。
丁度中学生くらいからでしょうか。

一言で言えば、この頃から「神は死んだ」と本気で思っていたのですね。

3次元的なものしか信じず。
人を信じる事がイマイチできず。
これは進学校の中学時代からずっと続いてしまいました。
心を閉ざしている時代ですね。

人間不信が結構続きます。
まあ、はっきり言えば病んでいます。

この状況は大学、社会人に入ってからもずっと続きます。それくらい酷い時期でした。・・・でも社会も結構病んでいる時代ではありませんでした?(1986年~2008年頃)パワハラとかまあ普通ですし、責任のなすりつけとか、背負わせるだとか。

出会いも、酷いときは酷い状況が続くようになっているものなのです。まだネットがそれ程普及していなかった2000年くらいまでは特にしんどかったです。本音で相談できる相手がいなかったのですね。

この時の事を詳細に書き記すと重い話にしかなりませんので。これくらいにしておきます。
後に機会があればまたその時にしましょう。

さて、この若い頃が終始辛い時代だった事。
自身が異常に浮き沈みの激しい人生を送ってきたこと。

前世を調べていくうちに、このような流れには意味があることがわかってきます。

実は、人間に生まれてから何百と転生している、前世の流れそのものを再現していたのですね。

人間として生まれてきた前半。
確かに苦しい時期が続いていたのです。

しかし、これも人間としてのライフレコード後半からぐっと楽になってきます。
徐々に良くなっていくのですね。

それは人生そのものにも言える事のようなのです。

しんどい時期、苦しい時期って確かに長期間続くものですし、恐らく誰でもあるのですが、そこを乗り越えていきますと、どこかで好転するようになっているもののようです。

ここで重要なのは、

あきらめずにずっと我慢し継続的に行動していくと、いつかは結果に繋がるようになっている。

という事のようなのです。

2.2008年頃、生まれて初めて霊能者さんに会う

2005年くらいからでしょうか。
この頃から何とか人間味のある人生に転換してきます。

その流れでしょうか。
2008年頃に、生まれて初めて霊能者さんに会う事になりました。
地元で未来透視、等で評判の先生がいるとの事でした。

それまで霊能者さんに会った事が無く、最初は好奇心もあって、丁度仕事の先行きに少し悩んでいた時期でもあったので、ちょっとお試し感覚で行ったのが最初です。
今から思うと本当に失礼な話です。

で、お会いしてみる事にしたのですが、そのサイキック能力の凄い事。例えば、家のお札がどこに何があるのか、見事に当てるのです。透視能力ですね。

その後、不動産等、大きな買い物する時にはお世話になる事がありました。
実際、ご縁のあった収益不動産も購入できたり、引越し先のタイミングや物件の選択についても非常に良い結果をもたらしてくれました。

また、未来予知能力も結構当てていました。

収益マンションのアドバイスでは、「共用部入り口に鏡を付けないと近々大事故が起こる」とも言われ、実際、そのマンションの共用部入り口は見通しが大変悪い構造でしたので、その可能性は確かに高いと思い、ミラーを共用部入り口に付けたのですね。

それによって事故を防げたかどうかは証明のしようがありませんが、最悪の事態を事前に防ぐアクションを起こせたのは非常に良かったと今でも思っています。

出会いの最初はこのような感じからでした。

またこの頃からですね。

「過去世って判るものなのだろうか?」

で、その方向の能力もお持ちだったのでした。

見てもらった結果ですが、まあ坊さんが多い。(笑)
後は商売をしたり、王族の大臣をしたり、軍師みたいなのをしたり。
結構多くの事を見てもらいました。

この当時、まだこれらの過去世については半信半疑でしたが、確かにトップに立つよりはサポートする事が多いだろうな、と心底外れた感もそれ程なく、実際に今世でも会社役員というサポートする立場でしたので、自身も腑に落ちる事が多く、結構面白く感じていたのです。

この他、この先生とは世界情勢の事ですとか、結構多くの事を話して楽しかったのですが。残念ながらこの先生はその後力を無くされていき、最終的には音信普通となってしまいました。

その後、2名程霊能者さんとお会いしましたが、それ程縁が濃くはなりませんでした。しかし、その2人の能力はいずれもかなり凄かったですね。

このように、徐々に霊能者さんとの出会いが増えていくと同時に私自身も霊感がやや強くなってきましたね。
不思議なのですが、私は後天的に能力が強くなっていたようなのです。

これは接する人次第で、自分の能力にも変化があるようなのです。
誰もがそうかはわかりませんが、私の場合はそのような傾向でした。

さて、その後また大きな運命が待っていたのです。2018年でした。

ここまでの出会いそのものは、その為の序章だったのです。

>>次に進む
プロフィールへ戻る
前世の法則トップに戻る

前世の法則、前世の記憶からわかってきた事