前世の法則 その28. 16分の1の法則

前世の法則

大きく影響を与えているのが16分の1。
このような型はよく見られます。

詳細はこちら:6.1対15対48の法則

16分の1の法則は、上記の48の部分を簡略したものですので、言っている事は同じです。
16分の1が中心になって活動していて、16分の15がそれを補うという型です。

宇宙法則の1つですので、これは3次元世界だけでなく、前世であっても様々な所で適用されます。

3次元世界の話や概念的な事については6.1対15対48の法則の方に詳しく記載しています。

今回は、この中でも前世に関係する事について調べてみました。

1.影響を受けている前世は主に全体の16分の1

現世に大きく影響を受けている前世とは、認識できる前世全体の16分の1程になります。

400転生なら、その内の25回分、その半分(未来の過去世は認識できない為)の平均12回程になりますね。

600転生なら37回。のその半分(未来の過去世は認識できない為)の平均18回程。

800転生なら平均25回程となります。

(但し、現世がライフレコード全体で時空間のどの辺りにいるか判りませんので、上記の数値はあくまで平均値と思ってください。人によって誤差は大きく異なります)

その前世によるものが、現世で大きく影響を受けている事になります。

いずれにしても16分の1の前世が現世に大きな影響を与えているのです。

2.現世、前世で自身に大きな影響を与えた人は16分の1

誰でも様々な人と出会ってきていると思います。

その中でもあなたに大きく影響を与えている人は16分の1位です。

あなたが出会ってきた人が4000人としますと、その中の3000人は殆ど記憶にも残っていない人、記憶に残っている人が1000人として、現世のあなたに大きく影響を及ぼした人は、その内の60人程です。

それは、何年、数十年経ってもかなりの影響を与えている人です。
実際には、普段から交流の深い人。かもしれませんね。

多少差はあると思いますが、大体このような感じになると思います。

これは前世でも同じですね。
特に自身に大きく影響を与える人はどうしても16分の1位になってくるようになります。

それは概ね時間軸と言うよりは、時間密度の濃さになってくるでしょう。

3.血の濃さは16分の1の一致が理想

宇宙に繋がってみた所、血の濃さは16分の1が理想という事です。

つまり4代遡ったその4代先の子孫で、その間、自身の家系とは血縁が無いというお相手です。

ちなみにいとこのいとことは違いますので気をつけてください。
いとこのいとこは全くかすりもしない可能性もあります。

必ず4代遡ったその4代先の子孫です。つまり祖祖祖母、祖祖祖父の子孫ですね。

この祖祖祖母、祖祖祖父だけで対象になる人が16名いますが、自分の家系に入らない子孫かつ血が混じらない4代先の子孫ですので相当な数になると思います。

16分の1の一致って、かなり血が濃いように見えますが、3次元的世界観から見ますとそこまで濃い訳ではありません。そこまで遡ってしまいますと、正直もう親戚かどうなのか、家系図でも見ない限り判らないレベルです。戸籍の追跡でも辿りつけないかもしれません。

ちなみに8分の1一致(3代遡っての3代先の子孫)、4分の1一致(2代遡っての2代先、いとこ等)、2分の1一致(親子、おじ、おば等)と近くなる程、やはり劣勢遺伝子が補いにくい為か、血が濃すぎるので好ましくないようです。

実の兄弟の結婚だけが、如何なる時代でも忌み嫌われていたのは、劣勢遺伝子の補いが全く働かないからですね。DNAは全一致ですし。

これは、動物の世界でも同じようです。
動物が、仮に親子か兄弟でしか子孫を残せない場合、選択するのは親子が多いのはこういった理由もあるようです。(親子でも2分の1一致なので望ましい訳ありませんが)

実の兄弟の結婚が昔から許されない理由、自然の摂理から、判っていた事のようです。

それであれば、32分の1(5代遡って5代先の子孫)、64分の1と離れていく方がまだ良いようです。

但し、ベストは16分の1(4代遡って4代先の子孫)の一致だそうです。

4.16分の1一致の人は重要な人になる事が多い

たまたまかもしれませんが、私の時間軸1位の人(つまりツインソウル)が祖祖祖母であり、時間密度1位の人が祖祖祖父という事が判っています。ちなみにその時の配偶者はどちらも前世の私でした。

ですからご先祖様の4代前には、前世の自分であったり、時間軸1位の人、時間密度が1位の人と極めて自身にとって重要な人が集結しているのです。

また祖祖祖母のその4代先の子孫が現世ではまたツインソウルさんとして出会っていますし、祖祖祖父のその4代先の子孫が現世ではまた時間密度1位の人として出会っています。

16分の1一致の人は、自身の前世から重要な魂の人が居る事が多いようです。

これは私だけでなく、多くの人にとっても当てはまると見ています。

血の濃さが16分の1一致の人って、誰しもかなりの人数がいるとは思いますが、その内の何名~何十名かはあなたにとって重要な人が存在しているでしょう。

5.精霊界転生数で3次元世界に生まれるのは16分の1

精霊界転生でも3次元世界に生きる確率は16分の1位のようです。

ちなみに、この精霊界転生、現代の地球上ではかなり珍しいようで(それだけ3次元価値観が強すぎるという事ですが)、その多くは波動が現代よりも高い時代に集中していたようです。実際70億分の2万人ですので、上記の確率より格段に低いですね。

また、精霊界転生数で3次元世界での転生は、地球外での転生も多いと思います。

6.まとめ

16分の1の法則でも今回は、前世に絡むもの中心に扱ってみました。

16分の1は、前世に限らず、あらゆる場面で使える宇宙法則ですので、常に大きな働きを与える事が多いので、気になる事や、気になる基軸があれば、是非使ってみてください。

3次元世界、概念、精霊界、前世。

様々な所で応用ができる法則です。

<<前に戻る
>>次に進む
カテゴリートップへ戻る
前世の法則トップに戻る

タイトルとURLをコピーしました