前世の法則 その27. 双子は同一魂?について

前世の法則

極めて近い近親者は、同一魂である事は滅多にありません。

前回、稀にですが、親子で同一魂があるという事をお伝えしました。

参考:前世の法則 その26. ご先祖様は自分。について

親子で過去世・未来世の関係です。
これが約1.2%なのですね。
但し、親子でクリアしなくてはならない重要なカルマがある可能性が大です。

後は、孫、祖父、祖母の関係で12%と上昇していきます。
3代間では23%、4代間では26%と離れる程かなり上昇していきます。

このように、ご先祖様や子孫で、同一魂という事はかなりあり得るのですが、ではその横の関係、兄弟ではどうなのか、今回は調べて見ました。

その中でも特殊な関係性がやはり双子なのです。

1.兄弟では、同一魂は通常は無い

まず、兄弟では、同一魂は通常では無いようです。

これは1つ、両親が同じだからという事もあるようです。
同じ魂ですと、結び付きが強くなりすぎるからでしょう。

双依存関係になってしまいやすい危険性もありそうです。
これは異母や異父のケースでも同様です。

但し、1つ例外があるのです。

2.一卵生双生児では、同一魂のことがある

唯一、兄弟で同一魂の可能性があるのが、一卵性双生児です。

この場合、同一魂の可能性は約4%です。
25件に1件の割合です。

一卵性双生児であっても、殆どのケースでは別の魂です。

ちなみに二卵性双生児は100%別魂になります。
普通の兄弟と同じと思ってください。

3.同一魂の一卵性双生児の特徴

同一魂ですので、エネルギーまでも全く同じです。

ですが、姿がどちらかと言えば、何故か似なくなる傾向が強いようです。

その1つに双方の魂に学びの差が大きい事が挙げられます。

転生数は離れている事が多い

どうも転生数は離れている事も多いようです。

確かに同一魂ですが、魂の学びという点での差が大きい為、転生が先に進んでいる側が何かとサポートする事が多いようです。

リードする側が「これって本当に自分?」と思う位差がある事も珍しくありません。

このケースの殆どで、強力に魂の学びを進める必要がある為、このような関係性になっているようです。

ですから、人生の途中で大きな変化や試練もある事が多いようです。

4.違った魂の一卵性双生児の特徴

一卵性双生児殆でも殆どのケース、96%では違った魂です。

魂が違っていますので、性格が異なる事も多いです。

場合によっては、性格が真逆という事も珍しくありません。

ですが、不思議と姿はよく似ています。

似すぎている一卵性双生児はまず、違った魂の可能性が高いようです。

ただ、波動やカルマ量的な部分では近い存在という事はあります。

お相手がツインソウルの確率

11%。になります。

一卵性双生児であり、別魂の場合では、そのお相手は、案外ツインソウルの確率は高いようです。

これは双方の魂が一度、一卵性双生児の経験をしてみたい。
そんな所も理由があるようですが。

この場合も片側が魂の成長が進んでいる事が多いようです。
ですから、魂が進んでいる方がリードする関係性が多いようです。
転生数の差もあるかもしれません。

但し、二卵性双生児や、通常の兄弟であってもツインソウルと一緒になる確率もあります。

ですが、その確率は2%以下ですので、やはり一卵性双生児の方がツインソウルの確率はぐっと上がるようです。

一卵性双生児の意味

通常、姿は似すぎていますから、外面的には間違われる事はよくあるでしょう。

そういった意味では自分って何。という事をどうしても意識することになります。

ですから、お相手との違いを意識していくようになりますし、また役割に対する意識も強くなります。

5.双子で共通する部分

生年月日が通常全く同じですので、四柱推命や西洋占星術で言えば、同じような運命を歩む事が多いです。

また、双子ですので、何かと普段より、距離が近い事が多いです。
青年期までほぼ同じ環境で生きていく事が殆どです。

常々お互いを観察しているでしょうし、似ている部分もやっぱり多いでしょう。
二人でしか出せない、独特の一体感を経験する事もできます。

一方で違いについてもよく判ると思います。個性、役割分担も違う事も多く、お互い助け合うこともよくあります。

双子として一番学べる所は、共通する部分と、違う部分が判りやすいところですね。

また、運命が似ることもありますが、違うケースもやっぱりあります。
その原因が何なのかも、双子が故に判りやすいかもしれません。

6.双子の前世での関係性は?

先述した通り一卵性双生児では同一魂。双子全般ではツインソウルも多いですが、それらを除くと殆どは別の魂なのです。

ですが、そのご縁はかなり濃い事が多いでしょう。
時間軸でいえば上位に来る事も多いです。
また、時間密度の濃い関係もあるでしょう。

親子、夫婦、兄弟関係は普通に何回も経験しているようなレベルです。

また、前世で敵同士というのは100%無いようです。
あったとしても既に解決済みのようです。

ですから、双子(二卵生も含む)は前世(未来世)ではかなり濃い関係なのです。

7.まとめ

今回は兄弟、その中でも主に双子について書いてみました。

双子はどのようなケースでも魂的には前世で深い関係ばかりですね。

通常の兄弟では、時間軸、時間密度、そこまで濃くないケースも多いですので、やはり双子は特殊な関係です。

<<前に戻る
>>次に進む
カテゴリートップへ戻る
前世の法則トップに戻る

タイトルとURLをコピーしました