前世の法則 その22. 前世からご縁の深い人の特徴

前世の法則

今回は前世からのご縁の深い人の特徴についてです。

ご縁が深い人とは、それは型にも出ますし、思いの状況でもわかる事も多いです。

実際にご縁が深い事が見抜けますと、その人との関係性も判って来ますので、その後の有り方ですとか、対応の仕方も大体こうすればよい、と判ってくるので、気持ちの面でとても安心感が持てます。

そこで前世の縁が濃い人との特徴を取りまとめて見ました。

1.すぐ仲良くなれる

これは同性・異性、問いません。

会った瞬間に仲良くなれる事もあれば、1時間位してからの事もあります。

また、ご縁が深すぎる場合、3時間位かかってようやくその深い関係性が判ってくるという事もあります。

この辺りは基本的には個人差があるとは思います。

それでも、大体ですが1時間位でお相手の関係性が判ってくるようになります。

私に関しては、霊感が殆ど無かった時代から共通していますが、50分が1つの目安でした。

その後、まだ話したくなるですとか、続きの関係を持ちたくなる場合、大体深いご縁の事が多いです。

また、どうしても続く関係にもなりやすくなります。
この場合、仕事関係はダントツで多いと思います。学校であれば同級生もその可能性は高いと思います。恋愛もそうですね。

一方で、50分経過して、喋りたい事が無い。話したい事が無い。話が続かない。合わせているだけ。

となると、前世でのご縁は薄いでしょう。

勿論今後、その方とご縁が深くなる可能性もありますが、少なくとも今のタイミングでは無いという事です。

少なくとも前世でご縁が深い場合は、50分も喋ってみて、自身の中に何の反応も無いという事がありえ無いのです。

2.視線が忘れられない

殆ど喋らなくても、視線がどうしても忘れられない人が中にはいます。

全く喋ってもいないのに、その視線だけが気になる、忘れられないケースってあるのです。

私の場合、実は2名程いましたが、やっぱり前世での関係性はそれなりに深い関係だったのです。

1つはこちらは忘れている。
でも、向こうは霊感が強く、何故か覚えている。
そんな事もあるかもしれません。

ただし、その後は確かに出会う事もありませんでしたが、今世では一緒になる意味もそこまで無かったようでした。

現世で会う意味は殆ど無いけど、前世からのご縁があるという人は確かにいるようなのです。

実は、自身の中ではもう忘れていても、本当は前世からの関係性の強い人と知らない間に出会っている事もあるかもしれませんね。

これは、誰にでもあるようです。

3.何故だか強い感情が湧く

視線が気になる。の逆バージョンです。
こちらが視線を送るような相手と言ってよいでしょう。

現世での関係が全く無く、それ程強い思いを抱く理由が無いのに、強い感情を持つ場合ですね。

よくあるのが、テレビで出てくるような有名人です。
これが一番判り易いと思います。

特に普段テレビ等見なかったり、あんまり興味無い人程、効果的だと思います。

たまたまテレビを付け見た人がそうだった。
たまたまテレビを見る事で気になる人が出てきた。

根拠も無く、何故だか好きな人、応援したい人、逆に嫌いな人。
このようにどうしても強い思いが出る人がいると思います。

この場合、前世で強い関係性があった可能性が高いのです。

ちなみに、テレビに出てくる有名人って恐らく1万人以上はいると思いますので、となると、自身が前世で関係している人。

それもそれなり深い人って二桁数位はあって普通なのです。

特に長年好きな人であるとか。
逆に嫌悪感があるとか。

何故かこの人だけ強い思いが出るとかあれば、その可能性は高いかもしれません。

4.不思議とご縁が切れない人

中には不思議と縁が切れない人っています。

例えば、全然会ってもいないこと数十年なのに、年賀状だけは絶対に途切れないですとか。

この他にも、嫌いだったり、関わりたくない、この他にもそこまで悪感情は持たなくても、何故か関係が続くとか。

学生時代の同級生、塾の関係、仕事関係(取引先ですとか、同僚ですとか)、趣味の関係、ママ友の関係、何故か会う機会だけはずっと続く方です。

このように不思議とご縁が切れない人。

前世での関係性が強いのです。

恐らくながら、この場合、前世でのやり残しがある可能性が高いと見ています。

5.本、漫画、特に人物についての情報から前世の記憶が蘇る相手

本や漫画、インターネットのウィキペディア、何でもよいですが、特にその人物像から、前世の記憶が蘇るような場合、その相手と関係している可能性が高いです。

特に映像が描けたり、強い感情的な何か、この辺りは結構よく起こりがちです。

また、史実と違う、という強い思いがある場合、まずその人と深く関わっている可能性が高いです。

このような事が起こる場合、その相手が、前世で関係が深かった人。もしくは、何らかの関係を持っていた可能性が高いのです。

後、本、漫画であれば、単に、著者の描いている世界観に共感を覚えたり、強く同調できたり、またその逆に抵抗があったり。

このような事もよくあります。

場合によっては、出てくる人物そのものが、ひょっとしてご自身の前世かもしれません。

6.やたらしっくりくる関係の人

特に普段、一緒に行動している人の中に、やたらしっくり感がある人がいます。

それは、前世と同じ行動、もしくは似た行動をしているからです。

もう、あうんの呼吸の人ですとか、別に考えなくとも次ぎの事が判っているとか。
有り方がわかっているとかですね。

これは、会社の人間関係でもありますし、判り易い例であれば、テレビに出てくるお笑いや漫才師のコンビですとか。あまりにも息がぴったりすぎる人はまず前世からの関係も深い事が多いです。

勿論、既に現世で関係性が長いから、という可能性もありえますが、人は何百と転生していますので、現世を越えた感じで息が合う、生まれつき息が合う、初めて会った時から息が合う、というケースは前世での関係性が濃いです。

7.まとめ

このように、6パターン程挙げてみました。

ちなみに前世での関係性は、現在の思いとほぼ連動しています。

負の感情がある関係性の場合は浄化し、良い思いを抱く人とは、どんどんと良い方向に循環させていきましょう。

<<前に戻る
>>次に進む
カテゴリートップへ戻る
前世の法則トップに戻る

 

タイトルとURLをコピーしました