前世ヒーリング講座 10 前世ヒーリングの終わりについて

前世ヒーリング講座

前世ヒーリングは、どこで終わるか、というご質問がありました。

その答えは、
本人の意識次第で。という事がまず第一にありますが、
1つ重要なのは、ヒーラーさんが求めている意識の部分によると思います。

そして、私の場合は、終わりはありません。が答えになります。

私の場合の前世ヒーリングとは、
最終的には、苦しんでいる前世の浄化だけでなく、当人の能力覚醒が目標だからです。

できるのであれば、コトに成る事を目標にしているからです。

ただ、その中でも、終わりの目安は確かにあります。
今回は、この事について御伝えしたいと思います。

1.終わりの目安について

前世ヒーリングが終わる場合、大体次の2つのパターンに分かれると思います。

Ⅰ.御自身で前世ヒーリング、前世鑑定が始められるようになった段階

実際、御自身の段階を進めるには、御自身で前世鑑定や前世ヒーリングを始めて頂くのが一番に思っています。
これが間違いなく一番、自身の次元が進みます。

私の場合は、初めて前世ヒーリングを受けてから、実際に始めてみるまでは1年10か月程掛かっています。
一応、これは1つの目安です。

中には私より格段に覚醒が早い方もいるでしょう。

ですが、私自身が掛かっている期間が1つ目安と思ってください。
始めて受けてから、約2年です。長くてもこれ位をメドにしたいと思います。

そして、実際に、その時が来ますと、どうやっても開始するようになっていると思います。
当初、私もした事が無かったので、不安から始まりましたが、いざそのような動きが一気に起こるようになります。(笑)

その為には、あらゆる所で日々、試す、練習が大切です。
楽しんで試してみて下さい。

Ⅱ.ヒーラー側がする事が無くなった段階

これも様々なパターンがあります。

単に求めている方向性が、ヒーラーさんとずれだす事もあります。
それが故にヒーラーさんからする事が無くなるケースがあります。
これが1つ終わりの段階です。

他にも、単に、私の次元を超える、可能性もあると思います。
この場合も1つ終わりになるでしょう。

この他に受け手側に、独自の手法を試してみたいですとか。
様々あると思います。

また、違った形での使命覚醒、という事もあり得ます。
そもそも前世ヒーリング以外での使命覚醒が始まるパターンです。

それが故に、こちらがする事が無くなる、可能性もあるでしょう。

2.前世ヒーリングに基本的に終わりが無い理由

前世ヒーリングに終わりがある、という説の方も居ると思いますが、その方の御意志が何よりも最優先されますので、それも、間違いではないのだと思いますが、私は、無限にあらゆる方向性に拡大、覚醒が可能な職業は、前世ヒーリングだと思っています。

私自身、終わりどころか、時間と共に、着実に、できる事、能力拡大を継続しているからです。

Ⅰ.使命に進んでいる為

一番大きいのは、使命に進むと、そうなる、という事だと思います。

何故なら、前世ヒーリングそのものが、使命に進む為の1つの手段として間違いない職業だからです。

そして、その在り方そのものも、現在の御自身の意志、行動、に応じて無限に変化していく為です。

Ⅱ.手法は、段階に応じて必ず変化していく

前世ヒーリングそのものも、受ける側の方も段階に応じて内容が変わって行く事。

テーマもより深くなっていく事も、皆様体験されているのでお判りかと思います。

それと同じく、ヒーラー側も段階に応じて、見える世界。
できる手法も変わって行くのです。

私の場合、当初は、前世ヒーリングも該当する前世1つだけから始まりましたし、前世鑑定や、相談、も合わせてしていました。

ですが、当初2~3か月程で、前世鑑定系は終了しました。
経験としては、それで判る事もありましたので、良かったのですが、
自身の使命に進む上では、必要性が無い事。

後々判ってきたのですが、過去とは始まりもなく、結局は、固定されないもの。

前世鑑定とは、その時に見える、その段階での話なので、それもその後の自身次第でいくらでも変わる、という事が判ってきた為に、前世鑑定系自体、そこまで深い意味を持たない。という事が判ってきたのです。

その後、前世ヒーリングでも複数前世を登場させ、因果が判るような時系列のものに変わり、
また、浄化スタイルも1つの前世主体から、原因となる前世まで合わせてする流れに変わってきたり、
他は、その段階に進んでいる方に応じた浄化手法に変えたり、段階に応じて変わっていったのです。

それは、常々、普段の御自身の意志、行動、その在り方がそのまま反映します。

御自身の基軸、意識、次第で、霊線が変わりますし、
登場する前世。そしてヒーリングの結果も変わって行くのです。

私は今の所、より多くの方がコトに進む為の最善、という基軸だけはブレずに進めてきていますので、
その結果、順調に能力拡大。能力覚醒にも繋がっているのです。

他の意識としては、日々、現在の地球上の環境破壊、文明破壊をさせず、何とか最善の道に移行するよう、その上で、前世ヒーリングを取り組んでおりますので、今の所、お陰様で、順調に、進んでいます。

3.着実に段階を進めて行くには

ただ、油断しますと、一気に次元が墜ちるので注意は日々必要なのです。
例えば、私が直近判った事として、食事の影響力が、四五十に対してそこまであるとも思っていなかったのです。

ですが、日々、その時の最善を無理なく続けていけば、必ず進むようになっています。

判らなくなったり、迷ったりした場合は、まず御神示を読んで頂ければ、と思います。
一番間違いないですし、早いですし、確実です。

行の進行と、自身のヒーリングの進捗。
段階が進む毎に手応えを感じるでしょう。

ここで、1つ間違いない事は、現在の御自身に応じて、必ず無理なく進んで行く、という事です。
おかしいと、思えば、自身が間違っているので、そこは修正軌道すれば良いのです。

そして、前世ヒーリングの在り方も、現在の御自身に応じて変わって行くのです。

4.まとめ

今回の前世ヒーリング講座では、前世ヒーリングの終わりについてお伝えしました。

結局は、その方の意志次第になる、と言えばそれまでですが、
コトに繋がる可能性がある数少ない職業が、前世ヒーリングと思っていますし、
既に、自身が初めて1年半程で、その手応えも掴んでいます。

無理なく、現在の自身の段階に応じて、進んできた為です。

その結果、前世ヒーリングの在り方も、どんどん変化を起こし、内容も向上の一途となります。
その為、終わりが無いと言えば無いのが、前世ヒーリングでもあるのです。

受け手側の判りやすい目安の1つは、自身で前世ヒーリングを始められるようになる段階の時です。

<<前に戻る
>>次に進む
カテゴリートップへ戻る
前世の法則トップに戻る